デイトレーダーの取引手法

デイトレーダーとは、日計り取引を専門とした投資家のことで、一般的なデイトレーダーは為替相場を生業にする人達、株式相場を生業とする人達に分かれて、為替相場を生業にしている人達はFX取引で、株式相場を利用している人達は現物取引や信用取引といった手段を用います。

デイトレーダーの取引手法は、日計り取引なのでその日限りで買った株を決済してしまい、数日、数週間と建玉を持ち越すということは一切しません。

このデイトレーダーですが、以前は証券会社のディーラー達だけに許されるような範囲の狭いものでしたが、金融ビッグバンを皮切りにしたインターネット取引の普及によって、一般人でもネット環境さえあれば誰でもデイトレードを行うことができるようになりました。また、mt4などの取引ツールの登場により、自動売買が可能となりました。

デイトレーダーのメリットについてですが、リスク管理技術があれば大きく損をする可能性を極限まで減らすことができるというメリットがあります。

中期から長期取引をする場合は、どうしても不確定要素が絡んできてしまうので、リスクを完全に管理するのは素人には難しいですが、デイトレーダーが行うデイトレードならば様々な情報を駆使することによって、リスクコントロールをすることが可能です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
tttttTredeRushは60セカンドの取引方式を初めて扱うなど、バイナリーオプション取引の最先端を走り続けているキプロスの業者です。

その設立こそ2011年8月と比較的最近ですが、SPOTOPTIONのプラットフォームを採用した軽くて使いやすいインターフェース、万全のサポート、更には優秀なIPhoneアプリによってどこでもパソコンと同様の取引が可能など、初心者から熟練者まであらゆるユーザーのニーズに応えることのできる、まさにバイナリーオプションを牽引する存在といえるでしょう。

惜しむらくは日本人が利用するには英語版しかないこと、一日も早い日本語対応が望まれています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
rrcrスマートオプションは現代で利用できるネット トレードの中で一番シンプルに取引できる形態の取引であり、公正なプラットフォームを提供しています。株や商品、為替などの金融商品をシンプルに扱えるサービスを提供している会社です。と同時に、取引プラットフォームはすべて100%ウェブ上で取引を行うことができるので、ソフトやツールをダウンロードする必要はなく、そのまま取引を行っていただくことができます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
vwerバイナリ—88は、日本人トレーダーをメイン ターゲットとしたFX業者として有名です。5万円ほどの資金があればデモ口座を開設して実際のトレードを体験することも出来、初心者にもやさしい環境が整っています。口座開設の申し込みもとても簡単で、わずか1,000円から取引が可能という良心的な設定もメリットの一つです。

バイナリ—88の取引画面は見やすいことに定評があり、中でも60セカンドの取引画面では同時に四つものチャートを見ることが出来ます。各通貨のトレンドを確実に見極めながらのトレードが可能であり、勝率の高い取引を実現できます。提供されている取引は、「ハイロウ」、「60セカンド」、「ワンタッチ」、「レンジ取引」と多種多彩。勝率の高い60セカンドでも比較的高いペイアウト(払い戻し)を得られるため、初心者から上級者まで幅広い層のトレーダーから人気があります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
oofバイナリーオプションは、海外業者が始めまし たが、24オプションはその中でも老舗の業者です。ロンドンに本社を構える247ホールディングス社が、バイナリーオプションの専門業者として設立したのが24オプションで、世界13か国にサービスを提供している世界的規模で展開する業者です。

24オプションでは、バイナリーオプションの基本である「ハイ・ロー・オプション」に加え、最近人気の「60セカンズ」、「ワンタッチ・オプション」「レンジ・オプション」を取り扱っています。また週末でもバイナリーオプション取引が可能な「ウィークエンド・オプション」や2013年から取扱いを開始した取引時間が5分間の「300セカンズ」といったユニークな商品を用意しているのも24オプションの特徴です。ウィークエンド・オプションでは、ペイアウト率が250%というハイリターンの商品も用意しています。最低取引額は25ドルで、上限はありません。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


現在は各証券会社などの企業努力によって、情報ツールも発達しているので、プロの機関投資家などと情報の部分で対当に渡り合うことも可能になっているのです。

また、デイトレードは一日のうちに何度も売買を繰り返すのが基本なので、スキル次第ではいくらでも利益を重ねるということができます。

極端な話で言えば、数年かけて利益を重ねた長期投資の利益分を、デイトレードならば一日で稼ぎ出してしまうことも可能なのです。

FXならば元々回転取引が可能なので余力を気にする必要はありませんし、株に関しても信用取引の規制緩和が行われたばかりで、同一余力を使って一日のうちに何度も取引を繰り返すことが可能になりました。

さらに、これら金融緩和の背景など踏まえた上で各証券会社も手数料の値下げ合戦を繰り広げているような状態なので、現在の投資環境から考えればデイトレーダーにとっては最高の環境が揃っているということがいえるでしょう。

少しずつ投資環境が改善されてきたため、今でこそこの凄さを味わいにくいですが、一昔前から比べると現在のデイトレードをするための投資環境は革命的に良い環境になっているということがいえます。

特にスキル次第で結果がどんどんついてくるような世界を望み、努力を怠らないという人はデイトレーダーに最適の性格といえます。


世界的に最も著名な投資家の一人で、バークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOも務めるウォーレン・バフェットは、1930年にネブラスカ州オマハで生まれました。
バフェットは、祖父から6本25セントで買ったコーラを1本5セントで売ったりして、幼い頃からビジネスの感覚を身につけていたといわれています。

11歳の時に、初めて株式を購入。1株38ドルで購入した株が、27ドルまで下落し、1株40ドルまで値を戻したところで売却しましたが、その後その株は、200ドルにまで上昇。バフェットの最初の株投資は、焦ったばかりに成功を逃して終わり、この経験から忍耐を学んだと語っています。

コロンビア大学のビジネススクールで投資について学んだ後、資産運用会社グレアム・ニューマンに証券アナリストとして入社しますが、1956年に会社は解散してしまいます。1959年、後に バークシャー・ハサウェイの副会長となるチャーリー・マンガーに出会い、本格的に投資活動を始めます。

バフェットがCEOを務めるバークシャー・ハサウェイは、アメリカ、ネブラスカ州オマハに本社がある世界最大の持株会社。つまりは「ホールディングカンパニー」ですが、もともとは綿紡績事業として始まった会社でした。

バフェットは織物産業の衰退で苦しむこの会社の価値が不当に低く考えられていると判断し、1962年にバークシャー・ハサウェイの株を買い始めます。個人投資家として会社を支配できるまでに株式を保有したバフェットは、会社の中核をなす織物産業を維持しながらも、保険産業と投資業に事業を拡大していきます。

順調に事業をすすめ、1985年にはついに衰退する毛織物産業部門を閉鎖、バークシャー・ハサウェイはさらなる飛躍へと進んでいきます。

株式投資の極意とは、いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続けること。この言葉通り、バフェットは利益を求めるだけの短期的な投資を良しとせず、企業を長期的に応援していく姿勢を貫きながら、長期に渡って高い運用成績を残してきました。その紳士的ともいえるスタイルは、世界中の投資家や金融関係者から尊敬を集めています。

また、慈善活動も積極的に行っていて、バークシャー・ハサウェイでは、株主が持ち株に応じて寄付先を決定できるという慈善事業計画も行っています。バフェット自身も、2006年に個人の資産の85%を慈善財団に寄付することを表明しました。
バークシャー・ハサウェイがどれほど大きくなろうとも、バフェットは拠点を移すことはせず、出身地であるオマハを中心とした生活を送っていて、そのため「オマハの賢人」と呼ばれています。